図々しいおばさんになった今思うこと

- - - みどり
子供の頃から人見知りが激しく、ほとんど口をきかない子供でした。

しかし、就職して社会人となるとそういうわけにはいきません。

同僚や上司と仕事の話をするのは当然、飲み会などの親睦会もあり、空気を読むということも覚えました。

20代半ばの頃には、同僚との会話のなかで「私、人見知りだから」というと、「嘘だ〜」とか「どこが〜」とか言われるようになりました。

今では、調子にのってついデリカシーのない発言をして、そんなつもりはないのに、人を傷つけて自己嫌悪に陥ることがあります。

多少人見知りをして無口でいた方が、人を傷つけることもなくなるような気がします。

とはいっても、年齢を重ねて図々しくなった今、子供の頃のように人に気を使うのも苦手になってしまったのが、困りものです。
無料ブログ作成サービス JUGEM